スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

6月25日(土)

 2011-06-16
来週どようびは おひさしぶりのデリへヴです♪

6_20110616183319.jpg _6.jpg

  LIBERAL MUSIC PRESENTS
"CHAIN REACTION"
-SKIP CLUB ORCHESTRA 'LEAP&STAGNATION'RELEASE PARTY-
 @bar edge(HIROSHIMA)

Guest Live
KEN INAOKA(FUKUOKA/Syzygy Records)

Live
SKIP CLUB ORCHESTRA with AKARI

Guest DJ
HARUKI MATSUO(OKAYAMA/Rush Hour)
JUN a.k.a HYBRIDMAN(HIMEJI/planet dance/psy-on)
YURI(FUKUYAMA/meteo)
KATO(YAMAGUCHI)

DJ
CHOCKEE
MIYAZAKI(tanz msuic records)

SHOP
KINOSHITANO HEAVEN

CHARGE.WITH FLYER 2,000yen(+1D) DOOR.2500(+1D)
START.21:00~


INFO.
bar edge
広島市中区流川町8-15 B1 TEL082-248-8146
bar edge  地図


-ARTIST PROFILE-

Ken Inaoka
日本のインディペンデント・テクノレーベルの先駆けとして知られるSyzygy
RecordsをNi-Ya(西垣内卓也)と共に93年に設立、当時90年代における日本の代表的テクノレーベルの一つとされた。
国内外の数多くのアーティスト/DJを招き共演・交流の場となったレーベルパーティ"Frequencies"と共に当時のジャパニーズテクノムーヴメントの一翼を担った。
アーティスト活動としては90年代前期よりNi-Yaとのユニット"Drawing Future Life"でのアルバムや、個人や他の名義も含め"Believe
In The Frequency Power"(Syzygy / NorthSouth Records UK)や"Pacific
State"(Deviant Records UK/Sony Music Entertainment
Japan)などいくつかの国内外のコンピレーションアルバム等に参加。
90年代後半にレーベルを含めた音楽活動を休止し、ゲームやCM等の商業サウンドデザイン作家として活動を開始。
ゼロ年代に入り自身の音楽制作活動に徐々に復帰、Ableton Liveと出会った事によりライブ活動を散発的にではあるが再開、
地元以外では"NEWDAY"(長崎)、"IN THE FOREST"(熊本)、"GO
MAD"(大分)、"RAWLIFE"(東京)、"OUTRO"(大阪)などでプレイ。
昨年リリースされたDJ CRYSTAL(TraksBoys)のmix CD”Made In Japan"Future" Classics”では
Drawing FutureLifeの曲が日本のテクノのフューチャークラシックスとして選ばれ収録されている。
2011年よりサウンドプロダクション"Invisible Designs Lab."に加入、新レーベル"invisi dir."の運営に関わる。
ken inaoka
check!!!!!!!


Haruki Matsuo(OKAYAMA/Rush Hour)
10代後半にテクノ・ミュージックに感銘を受け、DJ活動を開始。
テクノ、ハウスを中心に、枠にとらわれないプレイスタイルは各地で好評を得る。
また、様々な音楽を吸収し、叙情的且つアグレッシヴなトラックの制作を行い、
2007年9月、オランダRushHourより"Side Step Test / P.O.P."をリリース。
Laurent Garnier、DJ Rolando、FunkD'Void、Ame、Kenny Larkinはじめ各方面から賞賛を受けた。
2008年6月には"dreamamsterdam"@Paradiso(Amsterdam)に出演。
7月には2ndEP"DanKan / Triangle In The Box"がRush Hourよりリリースされ、Dan Curtin、
Radioslave、Alex Attias、Loco Diceはじめ各方面から高い評価を得た。
11月にはDJ Mix CD"Yura YuraComix"をOnsa Recordsよりリリース。
2009年、コンピレーション・アルバム"The Definitive JapaneseScene vol.1(mule musiq)"、
"hub Opus Tokyo(o.p. disc)"にも参加。6月にはRushHourによる新レーベルNight Movesから
3rd EP"Geisha Dance / Fade In, FadeOut"がリリースされ、Kaito、Alex From Tokyo、
Benny Rodrigues、SantiagoSalazarはじめ、多数サポートされた。
11月にはdARKROOM DUBSより"The Hills(Haruki Matsuo'sHill-Mountain Remix)"をリリースし、
DJ Hell、Russ Gabriel、Samuel LSession、Stephan Bodzinらから高い評価を得た。
2011年、新パーティー「PIVO」を岡山で始動。
haruki matuo


JUNPEI a.k.a HYBRIDMAN (HIMEJI/planet dance / psy-on)
05年頃から各地のアンダーグラウンドなPARTYカルチャーに影響を受けDJを始める。
地元姫路で主宰する「PLANETDANCE」や夏の風物詩的ビーチパーティー「彩音 PSY-ON」を中心に活動。
TECHNO、HOUSE、DUB STEP、BREAKBEATS、CHILL OUT、
辺境音楽から変態音楽までPOPとDOPEを合わせもった全方位型DJとして、人、場所、
音楽の繋がりに導かれるまま日本中の奇天烈なPARTYに出没宙。
2012年にMIXCDリリース予定。
JUNPEI a.k.a HYBRIDMAN
check!!!!!


DJ YURI (FUKUYAMA/meteo/Voth)
90年代中期より、テクノというエッセンスをキーワードに活動。
その場における直感的な感覚を最優先として人と音を繋げる自立的な空間を探求する。
現在は、広島県福山市にてDance Music Party"meteo@Mondo Cafe"を隔月、
パーソナルな空間を探求する"Voth"を不定期で開催中。
dj yuri


DJ KATO(YAMAGUCHI)
1980年山口県出身。2000年初頭から地道にBAR、CLUB等でDJをおこない周南市Peopleにてキャリアスタート。
多彩なジャンルを奇想天外にコラージュ、臨機応変にダンスミュージックを発信し続け、
独特の世界観でフロアに向けて音楽の愛情をそそぐ。
Peopleでは幅広くゲストDJとのフロントアクトをこなしながら経験を積み、
不定休日パーティにも参加。他にクンビアバンドMucha Familia、zeroreality、
サブリミナルハウスダストのトラック、ノイズメイクを担当。多忙な音楽生活を送っている。
地元カルチャーの貢献をモットーに県外でも活動を展開中。


SKIP CLUB ORCHESTRA
広島市在住の佐々木達也によるソロ・プロジェクト。
1995年よりテクノ・ニューウェイブ・プログレに影響を受け楽曲製作を開始し、
2002年より「Skip Club Ordhestra」としての活動をスタート。
活動当初はスタジオでの楽曲製作をメインにテクノ・ハウスを軸にグリッジなサウンドを
クリエイトしていたが、 2003年よりラップトップによるライブ活動をスタートさせ、
その影響により徐々にサウンドをグリッジなものから 柔らかく、よりグルーヴを感じさせる
黒いサウンドへと深化させる。
ライブ活動では、ソロパフォーマンス以外にセッションやバンド編成によるライブなど
スタイルに囚われない形で多岐に渡る。
2004年に1st Alubum「1 2003-2004」を、2008年にはデジタルレーベルKirapicaよりEP「EP1」を発表。
2011年6月、2nd Album「Leap & Stagnation」をリリース。
http://soundcloud.com/skipcluborchestra


燈(あかり)
シカゴでHip-HopやJazzミュージシャンとセッションを重ね、
言葉とメロディー即興を鍛えたVocalist。
帰国後2006年に作詞作曲プロダクションを手がけたソロアルバム
「akaricentricc (アカリセントリック)」をリリース、全国のタワレコ/HMVで販売。
2007年から広島に拠点を移し、フェスタ・デ・ラマに出演する他、
様々な音楽ジャンルのライブで黒さと燈らしさを体現すべく活動中。
オリジナルの他、広島唯一のダブバンド Dub ZombiesのVo担当も兼ねる。


DJ CHOCKEE(Liberal Music)
広島在住。97年よりDJ活動を開始。
フロアからラウンジまで、あらゆる空間に対応したDJは、
音楽の自由さを表現し、時には激しく、時には優しく包み込むように音を奏でる。
テクノからハードコアまで多種多様な音の現場で熱い信頼を得ている。
最近では東京,名古屋,山口,岡山と徐々に活動の場を広げている。
GOOD MUSIC PARTY'Liberal Music'主宰。
2008年,チルアウトなMIX CD「Mistyc Joy」をリリース。
2010年,DJ YOSHINORIと共に,WORLD MUSICにフォーカスしたMIX CD「BONCH MOUNTAIN」をリリース。
2011年秋、新作MIX CDをリリース予定。
dj chockee


DJ Miyazaki (tanz msuic records)
広島のクラブ系レコード店"tanz music records"を運営中。
過去、同郷で現在ベルリンで活動中のテクノ・ユニットODD(V Records)
等と共にベルリンのクラブ"Maria am Ostbahnhof"、"Love Light"にてDJ
を経験。後、広島にて"tanz music records"を開業する。
dj miyazaki


SHOP INFO

-木の下のヘヴン-
坂の途中にある「木の下の ヘヴン」と言うお家。
曲がり角にあるそのお家は、
ちょっぴりおサイケでポップな古着と雑貨と喫茶店のあるお家。
住人は、増えたり減ったり作りだしたり笑ったりします。
今のところの住人は、
特においしいものがあるわけでもない「喫茶・ヘヴン」さんと、
昭和レトロな雑貨の「カジモト商店」さんと、
癖のある本と古着の「山下商店」さんと、
神出鬼没なヘンテコ魔法アートの「音の水」さん。
なんともゆかいな、お家です
木の下のヘヴン

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kinoshitanoheaven.blog65.fc2.com/tb.php/81-d5452f3a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。